マイクロテクノ有限会社は、25年を超える組み込み系開発実績を元に設立されました。
Z80から最近人気のPICマイコン、H8、SHマイコンでの開発業務を行っております。
また、組み込み系ソフトと連携を取るようWindows、Linuxアプリケーションも開発可能です。
アナログ回路、デジタル回路、機械制御に加え、インターネット技術、Linuxなどのサーバー構築技術も持っております。

会社概要
 項目
 内容
 会社名  マイクロテクノ
 住所  〒300-0823 茨城県土浦市小松1-15-2
 資本金  300万円
 業務内容

 デジタル機器開発、販売
 組み込み系ソフトウエア開発(Z80,PICMicro,SH1,SH2,H8)
 Windowsソフトウエアの開発、販売
 Linuxサーバー構築およびネットワークプログラミング、ホームページデザイン


実績
 年度
 内容
 昭和53年  X-Yプロッタ開発(6800アセンブラ)
 昭和54年  ハイブリッドICトリミング装置の開発(6809アセンブラ)
 昭和55年  Z80用16Bit1024点FFTソフトウエア開発
 昭和56年  逐次比較形A/D変換回路設計->ハイブリッドIC化
 昭和57年  20Bit積分型A/D変換用ゲートアレイIC設計
 昭和58年  パルスモータ使用の3軸小型フライス盤の開発(Z80)
 昭和59年  モデムの接続できるROMライターを開発(Z80)
 昭和60年  CMP80上パスカルにてソフトウエア開発
 昭和61年  63701CPUを使った複数ビデオコントロール装置開発
 昭和62年  X-Yおよび回転テーブルを組み合わせた試験装置
 (8086ワンボードCPU、内容は禁公開)
 昭和63年  6801を使用した工場ライン用1軸モータコントローラの開発
 平成1年  自動身長体重計の開発(Z80)
 平成2年  高速ビデオ装置用同期パルス発生装置(Z80)
 平成3年  ピエゾ型半導体ジャイロを使用した空間位置検出装置の開発(6301)
 平成4年  PIC16F84によるPLL制御回路開発
 平成5年 

 VisualBasicを使用したRSデータロガーの開発

 平成6年  Linux用TIFFファイルデータコンバーターの開発
 平成7年  RISC(SH2)ワンボードPCを使った1/2VGA液晶表示装置の開発
 平成8年  Linux X11R6上で動作する液晶パネル検査ソフトウエアの開発
 平成9年  PIC16C711を使用した長時間8点温度計測装置の開発
 平成10年  インターネットを利用した遠隔高温槽監視装置の開発(Linux)
 平成11年  サーバークライアント型ソフトウエアプロテクトシステム
 (サーバーはLinux,クライアントはWindowsソフトウエア)
 平成12年  PIC16C711を使用したA/D変換およびDCモータコントロール回路開発
 平成13年  RS485を利用した256個のDCモータアレイを同時コントロールするシステム
 (PIC16F84x256+Windowsソフトウエア)
 平成14年  H8/3068Fを使用した超小型WEBサーバーユニットの開発
 平成15年  SMT001超汎用メカトロコントローラの企画開発および販売(H8/3069F)
 Linuxサーバー MTLINUXの企画開発および販売
 Windows用ソフトウエアTestMakerの開発および販売
 バーコードリーダー応用製品の開発および販売
 平成16年  AbleBoyシステムの企画開発および販売を開始
 AbleBoyCompactの開発および販売
 平成17年  AbleBoyUnitの企画開発および販売
 NetBarUnitの企画開発
 NetBarAdvance企画開発
 WirelessNetBarの企画開発