SMT001 ファームウエアVER1用資料

 1.資料


  PDFの閲覧にはAcrobatReaderが必要です。

資料名 参照
SMT001回路図 参照(PDF)
SMT001説明書 参照


 2.ソフトウエア


  自己解凍はクリック後「開く」を選択しますと、そのままC:\Mtechnoフォルダへインストールできます。

ソフトウエア名 参照
ファームウエアアップロードソフト FirmUp 自己解凍
SMT001とのTCP/IP、UDP/IP通信Perl5用サンプルソース(Windows) 自己解凍
SMT001とのTCP/IP、UDP/IP通信Perl5用サンプルソース(Linux) TAR+GZIP
SMT001とのTCP/IP通信VisualBasic6用サンプルソース 自己解凍
SMT001とのUCP/IP通信VisualBasic6用サンプルソース 自己解凍
SMT001とのシリアル通信VisualBasic6用サンプルソース 自己解凍

モトローラSフォーマットファイルを合体するソフトウエア(Windows用)

自己解凍


 3.ファームウエア

項目 内容 説明書 ファームウエア

SMT001-PM

パルス列入力タイプサーボドライバ対応
(SMT001出荷時内蔵ファームウエア)

参照 DownLoad

SMT001-SM

ステッピングモータ対応

参照 DownLoad

SMT001-DM

DCモータPWM制御+エンコーダ対応

参照 DownLoad

SMT001-ES

シリアル-イーサネットコンバータ

参照 DownLoad

SMT001-LCD

LCD表示装置

参照 DownLoad

    * DownLoadはマウス右クリックでファイルとして取り込んでください。

 4.アプリケーションノート(応用回路)


  PDFの閲覧にはAcrobatReaderが必要です。

内容 図面
SMT001-PM ACサーボモータ接続例 参照(PDF)
SMT001-DM DCモータ及びロータリーエンコーダ接続例 参照(PDF)
SMT001-SM 4相ステッピングモータ接続例 参照(PDF)


 5.Q&A(質問)

項目 内容
  SMT001の一般的な質問
質問 ダウンロードしたファームウエアの書き込み方法を教えてください
返答 SMT001に付属の書き込みソフトfirmupを使用します。
1.SMT001のケースを開いて、DIPSWを次のように設定します。
 1-ON 2-ON 3-OFF 4-ON
 その後、リセットSWを1回押します。
2.シリアルケーブルをWindowsPCに接続し、
 firmup (ダウンロードしたファームウエアファイル) COM1
 を実行し、書き込みます。
 (もし、シリアルポートがCOM1で無ければCOM2,COM3...などに書き換えてください)
3.DIPSWを 1-ON 2-ON 3-ON 4-OFFとし、一回リセットSWを押します。
 このことにより、不揮発メモリに初期値が設定されます。
4.DIPSWを 1-ON 2-OFF 3-ON 4-OFFに戻し、一回リセットSWを押します。

* firmupの代わりにSMT001-VER2のSendToolを使う事もできます。
   
質問 ファームウエアは何回くらい書き換えが可能ですか?
返答 H8/3069のスペックによりますと、100回程度は可能とのことです。
   
質問 SMT001とシリアル通信すると、たまに文字が抜けたりします。
返答 最近のPCは高速になってきており、通信の1バイト間の余裕時間が無くSMT001が受け取れない
場合がでてきました。SMT001-VER2のシリアル通信サンプルはPC側のシリアル送信に時間待ち
を加えてありますので、SMT001-VER2のサンプルを参考にしてプログラミングを行って見てください。
 
質問 SMT001のファームウエアの値段を教えてください。
返答 現在、公開しているファームウエアは全て無償です。
ただし将来は、有償のファームウエアを開発する可能性があります。
   
質問 SMT001のI/Oの空いているピンは何に使うのですか?
返答 SMT001はファームウエアによってその機能が変わります。
CN1,CN2の空いているピンは将来使用することになる可能性があるものです。
   
質問 SMT001付属の回路図と同じ物を自作したのですが、ファームウエアを入れても動作しません。
返答 ファームウエアにはプロテクトがかかっており、当社販売のSMT001上でなければ動作しません。
   
質問 SMT001にtelnetで接続しようとしたのですがうまく動作しません。
返答 SMT001のTCP/IPは無手順ですので、telnetとは初期の接続のプロトコルが異なります。Windows2000/XP付属のtelnetを使ってみてください。初期の接続エラーが発生しても継続できます。
   
質問 ルータを超えてSMT001にイーサネット接続したいのですがうまく行きません。
返答 ルータを超えてSMT001にイーサネット接続したい場合は、SMT001にゲートウエイ設定を行ってください。出荷時ではゲートウエイ設定は0.0.0.0になっており、同一ネットワーク内からしか接続できません。
  SMT001-PMに関する質問
質問 サーボモータとの接続方法を教えてください。
返答 パルス列入力タイプのサーボドライバと接続します。アプリケーションノートを参考にしてください。
   
質問  モータコントロールインターフェースのパルス出力幅を教えてください。
返答 約10μSecです。
  SMT001-SMに関する質問
質問 パルスモータとの接続方法を教えてください。
返答 SMT001のコネクタからトランジスタ等を介して電流を増幅して接続します。アプリケーションノートを参考にしてください。
  SMT001-DMに関する質問
質問 DCモータとの接続方法を教えてください。
返答 SMT001のコネクタからトランジスタ等を介して電流を増幅して接続します。アプリケーションノートを参考にしてください。
  SMT001-ESに関する質問
質問 SMT001-ESの変換機能でデータが欠落します。
返答 SMT001-ESの変換用バッファは1024バイトです。このバッファ内にCR(0Dh)またはLF(0Ah)が存在しないとバッファがオーバーフローします。
   
質問 SMT001-ESの変換を1バイト単位で行いたいのですがうまくいきません。
返答 変換はCR(0Dh)またはLF(0Ah)を区切りとして行われるので1バイト単位の変換はできません。